親との同居などで引越しが確定したなら、早々にアポを取っておくべきなのが、一般化した「訪問見積もり」です。手間をかけずにPC上で見積もりを出してもらっただけのケースでは、齟齬が生まれることもあり得ます。
忙しいから、大きな会社なら不安がないから、見積もりは大げさなので、漠然と引越し業者を使っていないでしょうか?言いにくいのですが、それでは賢いとは言えません!
安価な「帰り便」の困るところは、不規則な予定であるが故に、引越しの日取り・時間帯は、引越し業者に決定権があるということです。
現場の工数をザッと仮定して、見積もりに含む方式が世間一般のやり方です。しかし、引越し業者如何で、現場で作業を行った時間が判明したあとで、日給を基準に合計額を導き出す考え方を有しています。

a0002_010583
府内の引越し料金を、ネットのフォームで十把一絡げに見積もりのリクエストを送るケースでは、複数請求しても課金されることはないので、数多くの引越し屋さんから取ったほうが、安価な会社を発見しやすくなるはずです。
ほとんどの場合、引越し業者の中型車などは、往路しか荷を乗せていないのですが、引き返すときも別の現場へ行くことにより、給与や燃料油の費用を安くあげられるため、引越し料金を安くすることが可能なのです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

ネットトレード