一般的な常識となっているネット上での「一括見積もり」ですが、時代遅れな実に3人に1人以上の人が、見積もり比較のメリットを活かさないままに引越し業者にお願いしているとまことしやかに言われています。
案外、引越し料金には、相場とされる必須の料金に上乗せ料金や、それとは別の料金を乗せていく場合があります。例に挙げると、休日割増しが25%、朝早いなどの時間外割増が25%というのはどの会社も変わりません。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s
いわずもがな、1社の引越し業者しか知らないまま見積もりを申し込むと、最終的には、安くはない料金の請求書が届きます。できれば5、6社の会社をタダで一括見積もりで比較するのは普通です。
人気の高い引越し業者と、中規模の引越し業者の差と言えるのは、結局のところ「サービス料の差」だと言えます。著名な業者は中規模の引越し業者の料金と比較すると、ある程度は数割増しになります。
みなさんが単身引越しを遂行するのであれば、運搬する物の嵩はそんなにないと思って間違いないでしょう。なおかつ近場への引越しになるのであれば、まず値下がりします。
年度末と重なる3月頃は、夏・秋・冬とは比べものにならないほど、引越しが多い時季になります。この引越しの繁忙期は、どこの引越し屋さんに連絡しても、引越し料金をアップしています。
搬送距離と移送する物のボリュームは無論のこと、予定日によっても値段が動きます。特に引越しニーズの高まる人事異動の頃は、夏秋冬より相場は高値になります。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

ネットトレード