公然の事実とも言える無料の「一括見積もり」ですが、

いまもって実に3人に1人以上の人が、見積もり比較をしないままに

引越し業者を吟味しているのが現実です。

段階的に勉強してくれる引越し業者も散見できますが、

割り引かない引越し業者も散見できます。

6d452fc464fb67dd449b325b2976c023_s

という訳で、いくつかの業者から見積もりを送ってもらって

引越し らくらくパック 差額を知るのが、肝要だといえます。

無料の「一括見積もりサービス」というのは、

顧客が打ち込んだ引越し先の住所や段ボール数などのデータを、

たくさんの引越し業者に報告し、料金の見積もりをお願いするという仕組みのことです。

引越し屋さんの引越し料金は、曜日次第で、結構異なります。

大半の会社員が自宅にいる土日祝は、強気に設定されている状況が普通なので、

低価格で抑えたいと感じるのであれば、月~金の間にするほうが賢明でしょう。

御存知の通り、個々の引越し業者のベーシックなコースの中身や

料金の比較を済ませないうちに見積もりのために自宅へ呼ぶことは、

値段のネゴシエーションの権威を引越し業者に譲っているのに等しい行為です。

独身の人など単身者の引越しは、積み荷のボリュームは控えめなので、

引越しだけを生業とする引越し屋ではなく、軽貨物事業主でも

同等にお願いできるのがポイントです。モデルケースとして赤帽もその仲間です。

短期間で準備しないといけないから、名前をよく聞く会社なら無難ということで、

見積もりは面倒くさいと、特に意識せずに引越し業者探しをしているのではないでしょうか?

ぶっちゃけ、そうであるなら高くつきます!

お兄さんが頼もうとしている引越し単身サービスで、冗談抜きで納得してますか?

もう一度、先入観を取り払って見なおしてみるのも悪くないでしょう。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

ネットトレード